中古車の売却で失敗したことといえば、自分で無理やり傷を直そうとしたことです。
ボンネットに少々気になる傷があり、ワックスをかけてもちょっと目立つ感じだったので査定に備えて自分で磨くことにしました。

 

ホームセンターでコンパウンドを1000円くらいで購入し、できるだけ丁寧に磨いてムラのないように仕上げたのですが、いざ査定を受けるとあっさりそこを直したことがバレてしまいました。
こうした磨きあとは日光など強い光を当てると簡単にムラが分かるそうで、これを見抜かれないように直すのはプロ仕上げでもなかなか難しいのだそうです。

 

ましてや素人がやるとさらに傷がついたり、光沢にムラができてさらに手直しが必要になるのでしないほうがいいですよ、と言われてしまいました。
査定を受ける側としては小さな傷は気になるのですが、査定をする側からするとそれほど大きな減点にはならないそうです。

 

きれいに洗車してワックスがけをしておくのがベストだとその査定士さんはおっしゃってました。