シルビアに統合されて

180SXは日産自動車のスポーツカーです。
販売期間は1989年から1998年までで、スカイラインに次ぐ日産自動車の顔としてたくさんのドライバーに愛されてきました。

 

シルビアに統合されて生産が終了した今でも人気は衰えず、多くのファンを魅了し続けています。
180SXのエクステリアは、リトラクタブル・ヘッドライトが映えるフロントビューやハッチバックの流線的なラインが特徴的なデザインとなっています。

 

 

1996年に行われたビッグマイナーチェンジで、スカイラインにも採用されている丸形リアコンビネーションランプを手に入れ、バックスタイルにも存在感が増しました。
スポーツ走行にうってつけの加速力で、スピードをあげる度に耳元に響くエンジン音がそれを物語っています。

 

ドライバーの気分を高揚させるほどスムーズな走行が可能ですが、他車種より取り回しがしやすいので、スポーツカー初心者でも乗りこなすのにあまり時間はかかりません。
また、4人乗りなのでストリートユースをメインにしても使い勝手が良いクルマとなっています。

 

リヤシートを倒せばフラットスペースができるので、荷物をたくさん載せることも可能で、スポーツカーでありながら実用性が高い点も人気の秘密です。
また、非常にたくさんのパーツが売り出されているため、ベース車としても面白味のあるクルマなので、現在でもたくさんのユーザーが180SXを楽しんでいます。

 

関連ページ
愛車を売る前に読みたいページ

180SXは日産自動車記事一覧

ホンダのアコードインスパイアは、アコード以上レジェンド以下という位置づけの車種で、1989年にデビューしました。エクステリアはロングホイールベースとショートオーバーハングが特徴で、美しいボディラインを持っているクルマです。5ナンバーでありながらワイドなボディで、室内はそのサイズが最大限に活かされた広々とした空間となっています。また、FFミッドシップの縦置5気筒エンジンが搭載されており、当時では斬新...