瞬間燃費計というのがついています

昨年購入した私の車には、瞬間燃費計というのがついています。
これは、走行中にその走り方のままだと、どの程度の燃費で走れるかを表示してくれるものです。

 

以前乗っていた車にはそんなものがついていなくて、給油した時に走行距離から計算するしかなかったのですが、最近の車は便利になったものですね!このメーターのおかげで、自分の走り方と燃費について、気にするようになりました。
燃費良く走るエコドライブというものにも、がぜん興味がわいてきて、いろいろと情報を集めたりもしています。

 

消費税も上がって、ガソリン代もバカにならないですからね。
とはいえ、本やインターネットでエコドライブについての記述を見ると、「発進時はゆっくりと。

 

時速20キロまで5秒かけて加速」と書いてあったので、試しにそれをやってみたら、「お…遅い!」。
これじゃノロノロ運転で、周りに迷惑をかけそう…と思いました。

 

後続の車がいない時ならまだしも…というか、こんな速度で走っていたら、すぐに後ろに渋滞ができてしまうじゃないの…と思うスピードです。
発進時だけでなく、(前方に赤信号があるから、そこまでアクセル踏まずに行けるか!?行けないか!?)という時もあります。

 

ですが、これまた後続車がいたら、きっと超迷惑ですよね。
流れに乗れない運転は、エコドライブではなくエゴドライブだ…と言った人がいましたが、その通りだと思います。

 

事故を誘発してしまったら、何のためのエコドライブなんだかわかりません。
というわけで、エコドライブも気にしつつ、バックミラーの確認も怠らずにと留意するこの頃です。